台湾

台湾、NZとFTA交渉開始で合意

台湾は、ニュージーランドと自由貿易協定(FTA)に相当する、「経済協力協定」の交渉を開始することで合意しました。
同様の交渉をしている国はシンガポールに続き2カ国目となります。

日本経済新聞:http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE3EAE2E7828DE3EAE2E7E0E2E3E09494E3E2E2E2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ECFA、中台で1日から関税が削減。825品目

中国と台湾のECFAが1日より関税を下げます。

対象は825品目。

今回は優先実施項目で先行実施することに合意したものが対象です。

台湾→中国: 557品目 輸入額の16.1%

中国→台湾: 268品目 輸入額の10.5%

台湾から中国への関税削減商品には、石油化学商品、工作機械、自動車部品が含まれます。

台湾の中国における優位性が高まりますね。

ただ、ASEANと中国はすでにかなりのレベルでFTAが進展していますので、その点も考える必要はあります。

取り残されつつあった台湾の企業にとっては、中国市場に対してのリカバリーとなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本経済新聞: 中台経済協定「優先項目」ゼロ関税なら 台湾GDP0.4%押し上げ

中台ECFAは、FTAからすると程遠い関税撤廃ですが、それでも台湾のGDPを0.4%引き上げ、そして、6万人の雇用を創出するそうです。

今回の対象商品は中国への輸出の16.1%しか占めません。

今後、対象商品を広げればその効果は広がるでしょう。

***********************************************

■■FTA関連記事■■ 

現在、FTA(自由貿易協定)について執筆しています。

題は、「世界地図から消える日本」。一部の情報修正や加筆する必要ありですが、皆さんの意見をぜひ伺いたいので非公式β版として公開します。

詳細はこちら:  http://ow.ly/1Ut6h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NNA.ASIA: 台北が初のECFA専門窓口:ア太のハブ目指した投資誘致[経済]

台北市がECFAの活用を促すための専門窓口を設けました。

日本もこういう機敏な動きが欲しいですね。

房屋(家屋)税や地価税、融資の利息、労働者の訓練費用などを補助するようです。

研究開発では約300社が対象

企業価値の向上や業態転換を目指すようです。

NNA.ASIA:

台北が初のECFA専門窓口:ア太のハブ目指した投資誘致[経済]

***********************************************

■■FTA関連記事■■ 

現在、FTA(自由貿易協定)について執筆しています。

題は、「世界地図から消える日本」。一部の情報修正や加筆する必要ありですが、皆さんの意見をぜひ伺いたいので非公式β版として公開します。

詳細はこちら:  http://ow.ly/1Ut6h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道新聞: 中台経済協定 東アジア安定の基盤に(7月4日)

北海道新聞の社説に中台の経済連携枠組み協定(ECFA)に関する事項が出ています。

北海道新聞

中台経済協定 東アジア安定の基盤に(7月4日)

ECFAでは農産品が除外されていますから、そのアプローチに北海道新聞が関心を見せたのでしょう。

ECFAの開放度合いはとてもFTAとは呼べるレベルではありません。

この手法が日本が締結できるFTAに応用できるわけではないことは知っておくべきです。

今後その他の産品の交渉をすることになりますが、難しいと言われています。

***********************************************

■■FTA関連記事■■ 

現在、FTA(自由貿易協定)について執筆しています。

題は、「世界地図から消える日本」。一部の情報修正や加筆する必要ありですが、皆さんの意見をぜひ伺いたいので非公式β版として公開します。

詳細はこちら:  http://ow.ly/1Ut6h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日新聞: アジア地域との自由貿易協定にも意欲 台湾・馬総統

今までにお伝えしてきましたが、台湾は中国とのECFAが署名された以上、その他の国とのFTA交渉を始めて行くようです。

朝日新聞

アジア地域との自由貿易協定にも意欲 台湾・馬総統

シンガポールとの交渉を始めて入るようだと朝日新聞は伝えていますが、シンガポール以外にもフィリピンと話をしていることは世界で報じられています。

***********************************************

■■FTA関連記事■■ 

現在、FTA(自由貿易協定)について執筆しています。

題は、「世界地図から消える日本」。一部の情報修正や加筆する必要ありですが、皆さんの意見をぜひ伺いたいので非公式β版として公開します。

詳細はこちら:  http://ow.ly/1Ut6h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾はようやく第一歩を踏み出しました。中国とのECFA(経済連携枠組み協定)

通商面では他国に比べて遅れをとっていた台湾が、中国とのECFAにより一歩前進をしました。

関税引き下げ品目は以下のものになっています。

中国側が関税を引き下げるもの(539品目)

  • 農水産品(18品目)
  • 石油化学製品(88品目)
  • 繊維(136品目)
  • 機械(107品目)
  • 自動車部品等(50品目)
  • その他(140品目)

台湾側が関税をひきさげるもの(267品目)

  • 石油化学製品(42品目)
  • 繊維(22品目)
  • 機械(69品目)
  • その他(134品目)

液晶など、台湾企業が中国へ拡販したいものが入っていませんし、全体の品目数からすればまだまだの市場開放で、FTAとは呼べませんが、第一歩ですね。

日本と韓国は中国とのFTAがないために、台湾に対しては遅れをとることは間違いありません。

***********************************************

■■FTA関連記事■■ 

現在、FTA(自由貿易協定)について執筆しています。

題は、「世界地図から消える日本」。一部の情報修正や加筆する必要ありですが、皆さんの意見をぜひ伺いたいので非公式β版として公開します。

詳細はこちら:  http://ow.ly/1Ut6h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国と台湾の経済連携枠組み協定(ECFA)が本日署名されました。

中国と台湾の経済連携枠組み協定が本日署名されました。

2年間のうちに以下のものの関税がゼロになります。

  • 台湾→中国に輸出している539品目、138億4000万ドル
  • 台湾←中国に輸出している267品目、28億6000万ドル

次回の交渉は年内にも始める予定

品目拡大の交渉は難航が予想されています

***********************************************

■■FTA関連記事■■ 

現在、FTA(自由貿易協定)について執筆しています。

題は、「世界地図から消える日本」。一部の情報修正や加筆する必要ありですが、皆さんの意見をぜひ伺いたいので非公式β版として公開します。

詳細はこちら:  http://ow.ly/1Ut6h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中台の経済協力枠組み協定(ECFA)29日調印

中国と台湾のFTAとなる経済協力枠組み協定(ECFA)が29日に調印することになりました。

関税削減

  • 中国側は539品目。中国の輸入額の16%(2009年ベース)
  • 台湾側は267品目。台湾の輸入額の10%(2009年ベース)
  • 関税下げは3段階。3年目からゼロに

その他

  • 中国の11のサービス分野の参入条件緩和
  • 台湾側は中国人労働者を受け入れない
  • 台湾は輸入を禁止している農産物の市場を開放しない

台湾側に有利な協定です。それ以外の商品の関税下げ交渉はこれから。

これにより、台湾はその他の国とのFTAへ進みたいのですが、中国側はNoと言っています。

内容的にかなり台湾有利なので、One Chinaを言う中国からすれば、他国とのFTAは受け入れられないのでしょうね。

***********************************************

■■FTA関連記事■■ 

現在、FTA(自由貿易協定)について執筆しています。

題は、「世界地図から消える日本」。一部の情報修正や加筆する必要ありですが、皆さんの意見をぜひ伺いたいので非公式β版として公開します。

詳細はこちら:  http://ow.ly/1Ut6h #FTA

中国と台湾が経済上緊密になれば、問題となるのは日本と韓国。

特に中国とのFTA交渉に進む韓国は、早急に中国とのFTAを進めるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中台ECFAの進捗状況

中台ECFAは今月中に合意されるかどうかということが言われていますが、内容では大筋合意ができているようです。

特に、センシティブ品に関しては、

  • 中国サイドで200
  • 台湾サイドで500

と、台湾に対して有利な条件になったようです。

細かいところを調整している段階なので、月内合意は可能ではないのでしょうか。

問題があるとすれば、台湾が他国とFTAを締結したいという意思に対して、中国側がNoと言っている点ですね。

続きを読む "中台ECFAの進捗状況"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧